馬と人の関係とは

馬の魅力を伝える。馬探偵

馬と人間の関係について

現代を生活する私達人間には、馬と深く関わる人が少なくなっていますが、現代でも人間にとって馬は良きパートナーと言えます。
少し前までは、馬は人にとって労働を代わってくれたり、移動手段として、広く使われてきました。しかし、時代が経つにつれて、電車や自動車など新しい移動手段が登場し、馬よりも移動速度が早く、そして疲れることが無い機械が、これまで馬が担ってきた役割を果たすようになり、馬の居場所がどんどん少なくなっていきました。
現代で馬を身近に見るとしたら、日本だと全国にある競馬場で見ることができます。また、牧場など一部の酪農家が、自動車では立ち入ることが出来ない場所で馬を利用している人もいますが、これは極少数です。
昔は人にとって身近な存在だった馬が、今では動物園や競馬場でしか見ることができなくなってきました。そこで、馬のことをもっとよく知ってもらうため、ここでは人と馬の関係、そして馬に関する情報を紹介していこうと思います。
馬のカワイイ所、馬好きな人に馬に関連するグッズについても紹介します。馬にちなんだグッズやアクセサリーもあるので探してみましょう。

日本最古の馬とは

日本在来馬とは、西洋種と交配せずに古来から日本に存在した日本最古級の馬です。その起源とはどこにあるのでしょうか。
日本在来馬は、早くても弥生時代末期には存在したと学者により考えられています。最古の馬の骨や馬具は、4世紀の古墳時代の遺跡から確認することができますが、これらの在来馬の起源となっているのは、遺伝子学的な解析から判断すると、ユーラシア大陸のモンゴル高原です。
4世紀の頃に朝鮮半島を経由して九州に家畜馬が導入され、これが日本在来馬となったといえます。九州に入ってきた馬は体高が130センチほどの蒙古系の小型馬、または中形馬が主流となっていました。日本国内では奈良時代にかけて、首都平城京に中形馬が増え始めたために、九州より近畿のほうが日本在来馬の体格は大きくなりました。
日本最古の馬についての文書記録は「日本書紀」にあります。欽明天皇15年(554年)、百済と大和朝廷の間で、援軍千人、馬百匹、船四十隻を派遣する約束について記されています。また、古墳時代の古墳からは馬の埴輪が出土するなど、日本の文化に大きく影響を与えました。「日本書紀」の雄略天皇の記録には、応神天皇陵の馬形埴輪が赤馬に化けて人を乗せて走ったという怪談も伝えられています。
日本だけでなく、海外でも馬は人の生活に深く関わってきた動物です。日本と海外の馬について違いを調べてみると、面白い発見があるかもしれません。

野生の馬は存在するのか

野生の馬は存在するのでしょうか。シマウマは、サバンナで群れをなして生息しているところがよく取り上げられますが、競馬や牧場でみられるような馬が野生で生活しているところを見ることはほとんどありません。
かつては、アジア中央部に位置するモンゴル周辺で、モウコウマと呼ばれる種の野生の馬が生息していました。モウコウマはどんな馬かというと、色は黒みを帯びた茶色で、がっちりした体格をもつ馬です。メスが率いる小さな群れで生息していました。しかし、弱肉強食という厳しい野生の生活では生き延びることができず、20世紀後半頃には絶滅してしまいました。
現在は、残念ながら、地球上に純粋な野生の馬は存在しません。現在野生の馬と呼ばれるものはすべて家畜用に育てられた馬なのです。一般的に野生の馬と言われているムスタングという種類の馬は、16世紀にスペイン人がアメリカ大陸に持ち込んだもので、野生化する前は、人間が飼っていました。日本では、宮崎県の最南端にある都井岬で野生の馬を見られることが有名です。しかし、ここの馬たちも、約300年前に人間が軍馬を放し飼いしたのがきっかけとなって野生化しました。
近年は、飼っていた馬を放牧し繁殖させる試みが各国各地で行われているようです。家畜種であるとはいえ、野生の馬をたくさん見られるようになる日がくるといいですね。

馬を世話する上で知っておきたい4つのこと

最近では乗馬をする人が増えています。科学が進んだ今だからこそ馬と接したいという人が増えているようです。では、馬を世話する上でどのようなことを知っておくと良いのでしょうか。今日は4つのことを記します。
まず最初に知っておきたいことは馬の性格です。一般的には馬はからだが大きく、強そうなイメージがあります。しかし、実際には非常に敏感で恐がりな性格です。そのため、時には攻撃的になってしまうことがあります。それを知らないで、馬に攻撃的になって優しく接してあげないと、人に敵意を持ってしまいます。
2つ目の点は馬はかまないということです。えさをあげるときに恐がってしまう人がいますが、基本的に馬は人をかんだりしません。とはいえ、先ほども述べた臆病な性格ゆえにときにそこから逃げたいという気持ちで、かんでしまうことがあります。
3つ目の点はとっさに後ろを通ったりしないということです。実は馬は人をけったりはしません。しかし、虫などに反応してけったりします。またびっくりしてけったりします。ですので、とっさに後ろを通るということがなければ大丈夫です。
4つ目の点は大きな音を出さないということです。馬は音に敏感です。ですので、大きな音を立ててびっくりさせないようにしましょう。